東北地方太平洋沖地震
記憶に新しいスマトラ沖地震の大津波が、現実に起こってしまいました。
東北地方太平洋沖地震での被害、津波で押し流される家、車、町が飲み込まれる様子が24時間放映されています。
自然の力の前に、何の抵抗も出来ず崩壊していく人間のもろさ…。
津波の脅威は、知っていたとはいえ、現実を目の当たりにして、虚しさと悲しみに、しばらくの間、何も考えることのできない自分がそこにいました。

日本の危機です。
この国難を同じ国民として全員が力を合わせ乗り越えていかなければなりません。
 距離は離れているにしろ16年前に同じことを体験した被災県・兵庫として、東北地方はじめ被災地の方々を一番身近に感じているのは、私だけではないと思います。
兵庫県が先頭になり、被災県としてその教訓から得られた様々なノウハウを活かした復興支援が求められます。今は、不明者はじめ被災された方の人命救助です。もうすでに兵庫県からも警察、消防はじめ人命救助の技術を備えた多くの人々の人的支援が始まり、現地で被災者の救援にあたっています。
一人でも多くの方の命が助かることを遠くて近い兵庫から祈っております。
兵庫県の東北地方太平洋沖地震被災者への支援について
兵庫県での被災地への支援・対応・救援物資についての詳しい状況は、下記の兵庫県のページからご確認ください。
<兵庫県ホームページ 東北地方太平洋沖地震 被災地支援情報>
東北地方太平洋沖地震における
関西広域連合構成府県の被災地支援状況
○関西広域連合からの緊急声明   >>詳しくはこちらから
○平成23年3月14日現在の支援状況   >>詳しくはこちらから
ご 挨 拶
皆様のおかげを持ちまして、三度県政に送って頂き、26年度は兵庫県議会第122代副議長を務めさせて頂いております。

さて、本年は阪神・淡路大震災から20年を迎えますが、「阪神・淡路大震災」を風化させず、経験と教訓を発信し続けるとともに、南海トラフ巨大地震など災害への備えもしっかりと行いたいと思います。

県財政は、依然として予断を許さない状況にあり、第3次行革プランを着実に推進していく必要があります。また、昨年の地方創生関連法案成立を受けて、広く県民の意見に耳を傾けながら、執行機関と真摯な議論を交わし、総合戦略策定に全力で取り組み、ふるさと兵庫・明石の発展につなげて参ります。

県議会においては、議会基本条例制定から「開かれた議会」の実現に向け、様々な改革に取り組み、任期最終年である今年度は、これら改革の検証を行っているところです。

また、このたびの政務活動費に関する事案に対しては、県民の皆さまをはじめ多くの方々から厳しいご意見、ご指摘をいただきました。これらを真摯に受け止め、昨年12月定例会において条例改正及び手引の改定を行うとともに、第三者機関を設置しました。

こうした取組により、県議会活動の一層の透明性確保を図り、一日も早い信頼の回復に努めるとともに、議会基本条例の基本理念を改めて胸に刻み、県民に信頼される県議会を創り上げていく所存です。

皆さま方におかれましても県政のさらなる発展のため、県議会に対するより一層のご理解とご協力をお願いいたします。
第296回 定例兵庫県議会 一般質問
事務所 〒673-0023 明石市西新町 2丁目8-6 (078) 921-8778
Copyright (C) 2006 takahiro matumoto . All Rights Reserved. takahiro matumoto homepage